低徊趣味ぶろぐ

漫画家・嘉村朗のブログ

お久しぶりです

こんにちは、嘉村 朗です。

久しぶりのブログ更新です。

ここしばらく一人で旅行に行ったりしていました。その話や気がついたことについて記事を書いたり、心境について考えたりしたいと思っています。

 

今日はどんこ干し椎茸を煮てみました。

 

f:id:low-k:20210218135939j:plain

 

薄味でも旨味があってとっても美味しいです!

車麩も一緒に煮たら煮汁をたくさん含んで美味しくなりました(^o^)

 

 

旅行中、お寺で精進料理をいただいたのですが、干し椎茸が香りよく本当に美味しかったのでわたしも積極的に料理に取り入れたい!と思い作ってみました。

干し椎茸カレースープもやってみたら面白いかも(笑)

久しぶりの実家

こんにちは、嘉村 朗です。

今日は妹と共に実家へ行ってきました。

 

f:id:low-k:20210213212658j:plain

 

父が手打ち蕎麦を作ってくれました★

コシがあって美味しかったです……!売り物みたいだね~なんて言いながらたくさん食べてお腹いっぱいになりました。

 

母の揚げたて天ぷらもすごく美味しかったです。

 

久しぶりに家族みんなで集まって楽しい時間を過ごせて幸せだなあ~と感じました。

 

祖母が猫のチャーリーを勝手に「みーちゃん」と呼んで可愛がっていて、なんだかおかしかったです(^^)

ちっかのブーケ

こんにちは、嘉村 朗です。

昨日はみぞグミさんが「ちっちゃな彼女にせまった結果。」完結のお祝いにブーケをプレゼントしてくれました!

 

f:id:low-k:20210213192547j:plain

「ちっかの」のイメージにぴったりな色と雰囲気でとっても可愛いです♡

「くろっちのイメージでお花屋さんに黒い実とかないのかな~と思ったんですけど……」と話していたみぞグミさん。笑。どうもありがとうございました。

 

 

ブーケは分解して花瓶と空いた瓶に挿しました。

大きめの花瓶が欲しくなってきましたので今度探そうと思います。

f:id:low-k:20210213192557j:plain

朝日がいっぱいのお部屋にお花が咲いている。

なんて幸せなんだろう!と嬉しくなりました(^o^)

身も心も健康になってきている証拠かなあと思いました。

 

みぞグミさんが詳しくブログに書いてくださいました★

見てみてくださいね^^↓↓

mizogumi.hatenablog.com

f:id:low-k:20210213193808j:plain

みぞグミさんがめちゃめちゃかっこよく撮影してくれたので感動~笑

 

 2/5に各電子書籍ストアにて44話の配信が始まりました。↓↓

 

 紙書籍も全4巻分発売中↓↓

 

高橋くんスカジャンの話

こんにちは、嘉村 朗です。

松虫さんのお家でのエピソードはまだあります!

 

ご自慢の「自転車屋さんの高橋くん」仕様スカジャンを着させてもらいましたー!!

 

f:id:low-k:20210211113802j:plain

 

めちゃめちゃカッコイイ~~~!

 

まず絵の綺麗さ、再現度の高さに驚きました!

刺繍でこんなにシャープな線が表現できるんだ~とびっくりです!

フォントのくっきり感、

イカ男の流線形の抜きの部分、

花火のグラデーション、

糸には艶があって絵自体が光って見えるんです!

作りもしっかりしていて丈夫で暖かくて、内側も赤とオレンジの艶のある布でリバーシブルで着られるそうです!

 

パン子と高橋くんが背中を見せているところもいいですよね♡

 

なんでもっと細部まで写真を撮ってこなかったんだろ~~~(T▽T)ブログを書きながら思ったより写真を取り残していないことに気が付きました。

 

f:id:low-k:20210211121048j:plain

表は犬のたもつが向かい合っています★

こだわりのスカジャン、本当に素晴らしいです!

 

わたしはこのスカジャンが作られる以前より、松虫さんが「高橋くんスカジャン作ってみたいんだ~」と構想を語ってくれるのを聞いていました。

 

こんなにも早くその夢が実現するんなんて、しかもこんなに素敵で豪華な品が手に取れる形で実現するなんてびっくりです!理想を現実世界に引っ張ってくる力のあるひとはやっぱりすごいですね~。

みなさんもこれからの松虫あられにご期待下さい!笑

 

自転車屋さんの高橋くん 1 (torch comics)

自転車屋さんの高橋くん 1 (torch comics)

 

 

松虫さんちへ行ってきた話

こんにちは、嘉村 朗です。

先日、お友達の漫画家・松虫あられ先生のお家を見に行ってきました~ヽ(^o^)丿

 

松虫さんがお家を建てる前から「こんなお家にしたくて~」とか「建築士のひとと相談して~」など、お家ができるまでのエピソードをずっと聞いてきたので、わたしはこの日を楽しみにしていました。

 

松虫さんのお家は玄関に入ると木のいい香りがしました。

そこかしこに木のぬくもりがいっぱいで、こだわりを感じました。

食器や布類、壁に飾ってある絵や植物も松虫さんらしくて、自分らしいものに囲まれて生活するって素敵だな~と思いました。

 

f:id:low-k:20210211093316j:plain

可愛らしいお店で美味しいパスタや前菜をごちそうになりました。

 

 

お家では松虫さんがカフェオレを淹れてくれました。

 

f:id:low-k:20210211093404j:plain

銅製やかんでお湯を沸かし、牛乳は雪平鍋で温めながら泡立ててくれました。

とっても美味しかったです(^o^)

フロランタンはパスタを食べたお店のお菓子★

 

 

松虫さんちで見つけたもの~。

 

f:id:low-k:20210211093328j:plain

伊勢エビのマグネット。

冷蔵庫のドアを締めると脚と触角がゆらゆら細かく振れます。

「かわいいと思って買ったんだ~。旦那さんは気持ち悪いて言うけど笑」と言っていました。その話し方に松虫さんが本当にかわいいと思って選んだのがよくわかって、わたしは嬉しかったです!

 

f:id:low-k:20210211104409j:plain

愛犬モン太くん。

前に会ったときよりも落ち着いて精悍な顔立ちになったように思いました。

モン太は松虫さんをずっと見ていました。

 

 

わたしが帰宅するとキッチンのバラが枯れていました~。

f:id:low-k:20210211093347j:plain

時間の経過を感じられて、「旅をしてきたんだな~」という気持ちになりました。

無事に帰ってこられてよかったです。

 

大垣散策のお話もあるのでそれはまた次回の記事で★

 

ありがとう!

こんにちは、嘉村 朗です。

 

先日は突然の「ちっちゃな彼女にせまった結果。」最終回のおしらせでびっくりさせてしまいすみませんでした。

配信日の日から一人で旅行に出掛けてしまったのもあり、お返事やブログも滞っていました。

旅先でも奇跡のようなことがいっぱいあって、これからどんなふうに作品を作っていったらいいかを考えるきっかけも集まってきました。

 

f:id:low-k:20210210092156j:plain

こちらは「ちっかの」の写植担当さんが作ってくださったくろっちごはんです……!

めちゃめちゃ感激しました~(T_T)

ゆで卵の目もかわいいですよね!

 

編集さんたちも「ちっかの」の最終回を惜しんでくださっていたようで、作品を大事に思ってくれる人たちに支えられて連載できていたことに感謝の気持でいっぱいになりました。

www.cmoa.jp

最終話「ちっちゃな彼女にせまった結果。」今まで応援ありがとうございました!

こんにちは、嘉村 朗です。

 

大事なお知らせです。

 

掲題どおり、「ちっちゃな彼女にせまった結果。」は45話が最終話です。

本日、コミックシーモアで先行配信が始まりました。

 

www.cmoa.jp

 

振り返り

「ちっかの」の完結については1年ほど前から編集さんに相談して決めていました。各回のストーリーは作りながら毎回変化していくので、最終話がこのような形になるとはわたしも最終話を描くまでわかりませんでした。

 

シオちゃんが回を追うごとに強く、たくましくなっていくのを作者のわたしも漫画を描きながら感じていました。

そういう意味ではエッチを楽しむ漫画というだけでなく、シオちゃんの成長物語にもできたのではと思っています。「ちっかの」はわたしにとってとても大事な作品になりました。

わたしはシオちゃんのことを「地味だ!しょぼい!庶民くさい!」と散々な言いようで自分の漫画の不出来や自分の作家としてのカラーにコンプレックスを持っていました。でも編集Nさんを始め、シオちゃんのことを好きだと言ってくれる読者さんが現れてくれて「描いてよかったな」と思えました。

本当はシオちゃんのことが大好きなのに、シオちゃんが暮らしているあまりにも普通の世界を愛おしく思っているのにそれを認められませんでした。

 だけど、こうして描き終えてブログを描いていたら、「ちっかの」を完成させられてよかったなと思えました。「ちっかの」の世界を好きになってくれるひとに、作品を介して出会えてそれで幸せだなあと思えました。

 

f:id:low-k:20210205223852j:plain

 

「ちっかの」は2015年の春に読み切りとして描き始め、初めての連載作品になりました。その後隔月にペースを落とすことになっても読者さんたちはみんな優しく、「ちっかの」の続きを待望する声を届けてくださいました。そのおかげもあって約5年も描き続けることができました。

しかも紙単行本は続編発売まで叶いました。

 

作品を読んでいただき、たくさんの感想や応援のメッセージを送っていただき、どうもありがとうございました。

 

最終話までを収録した電子特装版の発売も予定しています。

こちらは4月以降の配信になるかと思います。また詳細はブログやTwitterでお知らせしてまいります。

 

これから

「ちっかの」を一緒に作った編集Nさんとはこれからも一緒に漫画を作っていく予定です。2021年2月現在、「まじめだけど、したいんです!」も一時休止をいただく状況になっておりますが、必ず漫画製作を復活させますので少しお待ちいただければ幸いです。

 

もしこの先みなさんがわたしの作品を追うのを遠ざかってしまうことがあっても、わたしはずっと描いています。

ふと思い出したとき、読みたい気持ちになったとき、作品のメッセージがあなたに確実に届くと思うんです。何年後になろうと、ふと思い出したときに漫画家として生き残っていられるように頑張ります。

読んでよかったなと満足してもらえる作品を作っていけるように、これからも一層励んでまいります。

 

今後とも嘉村 朗の作品をよろしくお願いいたします!m(_ _)m

ちっちゃな彼女にせまった結果。【描き下ろしおまけ付き特装版】 1巻 |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア