低徊趣味ぶろぐ

漫画家・嘉村朗のブログ

お礼というより自分のためだった

こんにちは、嘉村 朗です。

 

ファンレターのお礼ハガキを書きながら気づいたことがありました。

わたしにとって大事な時間だったのでここにも書いておきます。すぐに忘れてしまうから。こんな気持ちになった瞬間があったことをまた思い出せるように……。

 

いただいたお手紙を一つ一つ読み返していると、好きなシーンを伝えてくれる内容がいくつもありました。というのも、以前わたしがブログなどでファンレターに何を書いたらいいかわからない人向けに、「好きなシーンやセリフがあったら教えてもらえると嬉しいです!」と書いたからだと思い出しました。

読者さんによって印象的なシーンやコマが違っており、それぞれのシーンに対する気持ちや楽しみ方まで教えていただけて、とても嬉しかったです。

わたしが感じてもらえたら嬉しいな~と込めた想いをちゃんと受け取ってくれているのがわかり、自分が発信したものを受けっとてくれるひとがこの世の中にいるんだ!ということがどれだけ貴重でありがたいことか、改めて感謝の気持ちが溢れてきました。

 

わたしが手紙を用意しているところを隣で見ていたカレが言いました。「一つ一つにお返事をするなんて、時間も体力もお金もかかるのによくやるねえ。」

正直にいえば、わたしもお返事を書き始める直前まで仕事の一環くらいの気持ちでいました。一種の義務感といいますか、「せっかくファンレターまで書いてくれたんだからささやかでもお返事くらい出さなきゃ!」と思っていたんです。

でも書き始めてみると、考えも気分もすっかり変わりました。

 

2年ほど前に出したお礼ハガキを喜んでくれるメッセージ、

わたしの休養中にいつまでも待つよ!と応援してくれるメッセージ、

わたしの漫画を好きだと言ってくれるメッセージ……

 

そういうわたしに味方してくれているメッセージを読んでいたら、わたしはなんて幸せなんだろう。なんでこんな素敵なお手紙をいただいていたことを忘れていたのだろう。と思い出す時間になりました。

みんなのために……というよりも、自分自身のために絵を描いてポストカードにして配りたいんだなあと思いました。だから、そんな自己満足のカタマリをもらってくれてありがとうと思っています。

七夕

こんにちは、嘉村朗です。

「まじめだけど、したいんです!」の佳織さんと海成くんで織姫と彦星のイメージを描きました。

 

趣味全開でキラキラピカピカ、柄服にできてわたしは満足です。

 

わたしはいつも仕事で描く絵も描きたいように描いていますが、この絵を描いている時間は仕事の絵と全然違った手応えや充実感がありました。

絵の設定や小物の仕組みや成り立ちなどがメチャクチャでも、「なんか楽しい!」だけで成り立っている絵もたまには描けると嬉しいものだなあと思いました。

誰に止められているわけでもないけど、自分本位に思える時間を後回しにしたり隠したりしがちだったなあと思いました。

この絵はポストカードにしてお世話になったひとに勝手に配りましたが、もらってくれてこちらのほうがありがとうという気持ちでいっぱいです。

 

「まじめだけど、したいんです!」最新40話掲載

「Colorful!」vol.75の配信が始まりました!↓↓

青梅のヨーグルト寒天

こんにちは、嘉村朗です。

梅の甘露煮のシロップを持て余し、ただ飲むのにも飽きたのでかんてんクックを加えてゼリーにしてみました。

 

「ゼリー」のつもりで作りましたが、かんてんクック指定の分量で作ったらがっちり食感の立派な寒天になりました笑。

あんみつの中に入ってる半透明の六面体。

 

食べてみると梅の酸っぱさとヨーグルトのシュワッとした酸味が組み合わさってとても美味しかったです!食感も寒天の固さが丁度いいというかハマってしまい、大量に作りましたが一度で全部を食べきってしまいました。

 

これを気になんでも寒天で固めてみたくなりました。

「Colorful!」vol.75配信日です|「まじです!」40話掲載中

こんにちは、嘉村朗です。

本日、WEB雑誌「Colorful!」vol.75の配信が始まりました!

「まじめだけど、したいんです!」40話が掲載されております。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

本編は段々とクリスマスのお話に。

受験の前の楽しい時間ですね。

 

***

クリスマスツリーを描くのに資料を探すわけですが、いろんな形、いろんな色や飾りかたがあるのを知りました。

ツリーのイルミネーションを描くときはスプレーブラシというつぶつぶを散らすペンツールでちょちょいのちょいで描けると思っていました。

しかし、実際に描いてみると全然可愛くないんです。わたしが街中やテーマパークで体験したイルミネーションのワクワクがありませんでした。写真を探してきてよく見ると、目を引く光の装飾はLED電球が木の枝に丁寧に巻かれていたり、光の粒が密になりすぎたり隙間が空きすぎないように考えられ、手間暇かけて飾られていることに気が付きました。飾り付けも遠くから見たときの遠近感とか、バランスを考えながら飾られていました。

人を感動させる作りものは、ちゃんと手間暇が掛かっているのだなあと思いました。

ファンレターのお礼カード

こんにちは、嘉村 朗です。

ファンレターを編集部へ送っていただいたかたへポストカードを用意いたしました☆

使用したイラストは発送後にアップする予定です。見てもらえるとうれしいです。

 

ファンレターのお礼カードはカードの用意やメッセージ入れ、宛名書きなど全部を自分で用意しているのでどうしても時間が掛かっております。でも、できるときは今しかないと思って、やりたくてやっています。

 

一番のお礼は作品の続きや新作をどんどん描いていくことだと思いますので、今後とも面白い漫画、楽しい漫画を目指して精進してまいります!

 

 

 

 

ネーム出来ました!

こんにちは、嘉村 朗です。

ネームができました~!どうもありがとうございます(T_T)

自分でも良い手応えを感じておりますので、きっと読者さんにも楽しんでいただけるのでは……と思います!

作品のイメージがしっかり伝わるよう、作画も心を込めて丁寧に進めてまいります!

 

こちらは鯖の冷燻とホヤの燻製です……!

いつもお世話になっておりますみぞグミさんより誕生日プレゼントにいただきました!ありがとうございます!

 

日本酒と一緒にいただきました♡

わたしは海なし県で生まれ育ったせいかホヤが非常に珍しく、派手な色と形にびっくりしました。とても美味しかったです。

悪いことをしたらやめればいい

できていない自分ばかりを見て責めたり錯乱したりしてしまう。

 

わたしは自分のことをもっとたくさんのことが出来る人間だと思っていた。

 

毎日よくやれたことがたくさんあるのにそれらを少しも評価せず、「今日もあれができなかった」「これができなかった」と自分を責めて落ち込んでしまう。

漫画ももっとサラサラ描けると思っていたし、いくらでもお話を広げていける!楽しい展開にしていける!と思っていたけれど、描けば描くほど一作に掛ける時間が長くなっていった。

今ではすっかり一本を描きあげる自信もなくなった。

それでもあきらめないでじりじり描き進めている。わたしが他の漫画家か読者だったら甘ったれたクソ人間だ!やってるふりだけしている鬱陶しい人間で最低だ!となじると思う。

こういう自分の人間性がわたしのみっともなさの正体であり、それのせいで「ひとからこう思われたらどうしよう」という不安が生まれてくるのだ。

他人に優しくない部分、邪悪な部分が全部自分にそのまま跳ね返ってきて自分の首を締めていく。

 

そのような邪悪で汚く陰湿な自分の感情や心の動きに気がついた瞬間に、「それを認め」てすぐに「止(や)める」しか対処の方法はない気がする。

自分の邪悪さを認めるというのは、邪悪な感情をなかったことにしたり、ごまかしたりしないこと。これが俗に言う「自分を受け入れる」だと思った。

 

このときに「わたしはひどい人間だ!」と感情的に責めて自分をいじめたくない。自分を責めることで何者かに赦しを乞うポーズをとっては意味がない。

 

「自分が他人に対して嫌なことをしてしまったうえで、いま、それをちゃんと止めた事実」

 

それが自分を救う方法のような気がした。

自力で「悪いことをやめたんだ」という瞬間を作ることが、自分の心を強くしてくれるかもしれない。

他人に優しくなれる近道になるかもしれない。

これはまだわたしの仮説だけど、悪いことや暗いこと、楽しくないことをしてしまったら、すぐにやめられる人になりたいと思う。