低徊趣味ぶろぐ

漫画家・嘉村朗のブログ

キンモクセイのお酒

こんにちは、嘉村 朗です。

キンモクセイの香りがただよう季節になりましたね。

キンモクセイのお花を使ったレシピを発見し、わたしも猛烈に作ってみたくなりお酒を仕込んでみました。

摘み取ったお花を洗ってゴミや虫と分けます。

花が手にまとわりつくのでちょっと面倒くさかったです。

一緒に摘んでしまった花ガラもできるだけ取り除きます。

 

一つ一つのお花がカワイイ!

これで約30グラム。

ペーパーで水気をとって容器へ。

 

砂糖と白ワインに漬けてみました。

初めて作ってみたのでどんなお酒になるか楽しみです(^o^)

「まじめだけど、したいんです!」紙コミックス⑥巻発売決定

こんにちは、嘉村 朗です。

重要なお知らせでございます。

「まじめだけど、したいんです!」の紙の本6巻めの発売が決まりました!

11月16日(日)発売予定です。

大変お待たせいたしました。

また、長らくお待ちいただきありがとうございます。

 

ご予約も開始しておりますのでどうぞよろしくお願いします!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

まじめだけど、したいんです!(6) (ジュールコミックス) [ 嘉村朗 ]
価格:704円(税込、送料無料) (2022/10/3時点)

楽天で購入

 

おまけページや表紙イラストも描き下ろしました。

お楽しみにしてください♡

意味のない絵4号

こんにちは、嘉村 朗です。

意味のない絵4号ができました。

毎日ほんの数分手掛けるだけの絵ですが完成するので面白いです。コツコツやるというのは侮れません。

 

腹の立つほどダサい絵です。

しかしながら「意味のない絵」を描くんだと決意しただけで、こんな絵をわたしのスケッチブックに出現させることに成功しました。

カッコいい絵を描きたい!

美しい絵を描きたい!

綺麗な絵を!最高な絵を!という気持ちでいたら絶対にできなかったことです。

 

以下、完成までの巻き戻し工程です。

無計画に模様をいれたり色を置いてみました。

テープ状の線をクロスさせている試みは気に入りました。何度か試したら面白い模様ができそうだなと気がつけました。

 

最近、タイルを使った工作をするつもりでおり、タイルのモザイクアートの資料を眺めていました。タイルを並べるようにオレンジ色の丸い形を並べてみました。

 

最近お気に入りのラメインクの筆ペンで塗ってみました。

ギラギラして気に入りました。

 

下書きなどせず、なんとなくヒヨコをイメージして描きました。

変な形でイラッとしましたが、意味のない絵、ダサい絵を描いているのだと決めているため、挫折せずにそのまま描き足していきました。

 

意味のない絵を描く取り組みが気に入ってきました。

 

 

「まじめだけど、したいんです!」41話(#81・#82)先行配信開始

こんにちは、嘉村 朗です。

「まじめだけど、したいんです!」41話(#81・#82)の先行配信がめちゃコミックで始まりました!

mechacomic.jp

デートの服に悩む佳織さん……。

クリスマスデートの始まり回です。

クリスマスはじっくり数話分にわたってお届けします。

 

また、各電子書籍ストアでも40話の配信が始まりました!

配信までにお時間かかってしまいすみません!

www.cmoa.jp 

 

現在も続きを地道に描いております。時間はかかっておりますが確実に続きは出ますのでご安心ください……!素敵なクリスマスを楽しんでいただけるようにがんばります!!

いつも応援ありがとうございます!!

切り干し大根作った

こんにちは、嘉村 朗です。

昨夜の夕飯はネームを提出できたのでわたしが作りました。

 

切り干し大根の煮物。

ぬか床に入れておいた干し椎茸入りで独特の香りとほのかな酸味が追加されています。美味しいです。

 

豚肉でチンジャオロース風炒めにしました。

最近カレーが多かったのでこのようなご飯と汁とおかずの食卓は久しぶりでした。

 

新米の季節ですし、ごはんをもりもり食べられる料理もたくさん作りたいです(^o^)

書くしか方法はない

ナタリーゴールドバーグの「書けるひとになる! ――魂の文章術 (扶桑社BOOKS)」を寝る前に少しだけ読む。

 

テキトーに開いたページを読む。

 

 

つべこべ言わずに書け!以上。

 

 

と発破をかけてくれる本だと思う。

それがとても勇気づけられる。

 

書けなくても、

書きたくない気分でも、

ダルくても、

つまらなくても、

身体が拒否してるように感じても、

 

「何かを書きたい」ならば、書かなきゃ何も始まらないんだよ!とだけ言ってくれるような本。

 

なかなかネームが完成していないけれど、わたしは毎日確実に描いている。

それが完成原稿にそのままならなくても、たたき台くらいにはなるかもしれない。

こっちの道は間違いだったと気がつく材料になるかもしれない。

書き手の立場から、ただ「書けばいい」とだけ言ってもらえるのがとても勇気づけられる。書けない理由や言い訳を全部奪い取られて、「書く」行為だけを残されている感じが厳しくもありがたい。

 

そんなふうに思える私は書くひと側の人間なのかも……と、少しだけ自信を持てる気がした。

意味のない絵3号

こんにちは、嘉村 朗です。

意味のない絵3号が完成しました。

なんとなくレース編みぽく縁どりを描いてみました。

葉っぱの部分はラメインクです。写真ではわかりませんが実物は深みのあるキラキラが楽しい部分になりました。

ぺんてるのデュアルメタリックブラッシュというシリーズで、今回初めて使用しました。サラッとした描き味で、わりと細かい粒子で綺麗にキラキラするので次は広範囲に塗ったりしたいです。