低徊趣味ぶろぐ

漫画家・嘉村朗のブログ

展望台に行ってきました

ネームにOKがでましたら突然猛烈に外に出たくなり、六本木ヒルズの展望台に行ってきました。


f:id:low-k:20180223122447j:image

 

天気は小雨と曇でしたが夜景は綺麗でした。

 

展望台ではちょうど、「Media Ambition Tokyo 2018」という"都市の未来を創造するテクノロジーカルチャーの祭典"が催されていてそれも楽しめました。

tcv.roppongihills.com

街を見下ろすと、地表は建物で埋め尽くされ、光が灯り、そこに活動している人たちがいるのを感じることができました。

 

「こんなにもたくさんの人が同じ空間と時間に存在しているのか」

この感覚がここ数年のわたしの「引っかかり」であることを再確認できました。

 

不特定多数を拡大すると見える個。

それを目の当たりにすると急に猛然と圧倒され、のんびりしている場合ではない…!という気持ちになってくるのでした。

疲れたらまた展望台にのぼってみようと思いました。

寄付をしました

確定申告の時期で思い出しましたが

昨年NPO法人3keysさんに寄付をしました。


f:id:low-k:20180220003057j:image

子どもの自立支援や権利保障のために活動している団体です。

ずっと前に代表の森山さんのお話を聞いたことがあって、それ以来Twitterで活動の様子を見ていました。でもそのときのわたしには何もできなくて、ただ遠くから頑張っている様子を伺っているだけでした。

昨年やっと単行本を出してもらえるようになったので寄付での支援に参加することにしました。

ボランティアとして参加するのは難しくても、このようなかたちで社会に関わっていけたら……と考えています。

3keys.jp

お手紙のお返事出しました

先日、年賀状やファンレターへのお礼のハガキを出しました。

こちらのイラストを使用しました↓↓

f:id:low-k:20180219175843j:plain

自宅のプリンターで印刷したら何度調整しても発色が思うようにいかなくて、もう少し青めな印象になってしまったのですが……

簡単ではありますが心を込めてメッセージ書きましたので無事に届いていますように(u∇u)

これからも頑張ってまいります♡

ネームちう

2週間休むと言っていましたが、
わたしの確認不足でこれ以上休むと
締切に間に合わないことがわかり
ネームに取り掛かっています。

この原稿が終わったら2日くらいちゃんとお休みします。

f:id:low-k:20180217142719j:plain

物語の中の現状についてメモしたものが
バラバラに保管されていて頭の中がピンチ/(^o^)\

 

「先月の自分、いいこと書いてんじゃん!!」と関心すると同時に
それらは直接役に立たないものばっかり。

なのでうまく整理しようのない紙とノートが
どんどん増えて混乱しています。

 

だけど整理できないことを恐れて手を動かさなくなると
何も生み出すことができなくなる気がします。
散らかるのを恐れずアウトプットしまくります!!(T∇T)

いただきもの

バレンタインでいただいたチョコレート♡

もうしばらく目で楽しんでから大事にいただこうと思います(*^^*)

どうもありがとうございます!

f:id:low-k:20180217114529j:image

↑オリジナルチロルは松虫先生コミティアで配布されていたものです。

f:id:low-k:20180217114503j:image

 

年賀状や昨年秋以降にいただいたファンレターへは
お礼のハガキを発送いたしました。

 

お手紙やブログ&Twitterなどへの感想コメント、
応援メッセージ、とっても嬉しいです。

 

作品がどんなふうにみなさんのところに届いているのか、
それぞれどんなふうに感じ取ってくれたのかを教えてもらえるなんて
非常に稀有なことだと思うのです。

だからこうして素敵な読者さん、編集さん、スタッフさんたちに恵まれたことに感謝しています。

ありがとうございますm(_ _)m

お返事ハガキ製作中です

大変遅くなってしまいましたが年賀状やファンレターのお返事用のハガキ作りに着手いたしました。
f:id:low-k:20180214131734j:image

↑ペン入れ中☆

f:id:low-k:20180214132140j:plain

↑着色開始☆

せっかくなのでいつもと違う塗り方に挑戦……。

水彩をイメージして塗ってみています。どんなふうに仕上がるのかはわたしにもわかりません……!塗りながら考えていこうと思います。

 

二週間休む!と豪語していましたが、わたしの勘違いで明日からお仕事に取り掛からないと次の原稿が間に合わないスケジュールだったことが発覚。

なかなか密度の濃い一週間を過ごしました。全然休んだ気がしない!!(笑)